So-net無料ブログ作成

セッション5.子どもの協力を増やす方法①(ペアレント・トレーニング) [効果的な声かけ]

ペアレント・トレーニング第5回のテーマは、子どもの協力を増やす方法①~効果的な指示の出し方①~です。

①指示とは?
「~をしなさい」や「~を始めなさい」など、その時に子どもがやるべき行動を伝えるコミュニケーションの手段。指示を伝える時には、保護者自身が真剣な声と態度で臨む必要がある。「今、これを言ったら反抗したり騒いだりしないか」と子どもの機嫌を伺いながら指示をしてはダメ。親がためらったり、何を伝えたいのか迷っていると、子供に指示がうまくつたわらなかったり、「まだやらなくていいのかな?」と子ども自身を迷わせてしまい、「まだやりたくないって言ったらやらなくてよくなるかなぁ」と親を試してくるかもしれない。
指示は、穏やかに、毅然と伝え、子どもがその行動にとりかかったら、25%ルールですかさず褒めるのがポイント。

②効果的な指示の出し方
1.注意を惹く→視線を合わせる→短く・具体的に・わかりやすく
まずは名前を呼び、こちらに注意が向いていることを確認してから声をかける。子供に声をかけたら、子どもがこちらを見るのをしばらく待ち、子どもの視線の高さに姿勢を下げるとよい。
その後、「お風呂に入りなさい」「宿題を始めなさい」など、してほしい行動の内容を具体的に伝える事が大切。

「ちゃんとしなさい」といった漠然とした言い回し、「何をする時間だっけ?」という曖昧な促しはしない。また、「なぜそれしなければいけないのか?」という長々とした説明は指示ではなく、「何をしたらよいか」という本来のメッセージが子どもに伝わらないばかりか、叱られたという感じしか子どもに残らない可能性がある。

2.落ち着いて、口調はきっぱりと言い切る
「片付けてくれる?」「宿題やったら?」といったお願いするような言い回しや尋ね方は、親の本気さや真剣さが伝わりにくくなることがある。また、子どもによっては「自分で決めていいんだ」と勘違いしてしまう可能性がある。「おもちゃを片付けなさい」「宿題をしなさい」などできるだけ言い切りの形で指示を伝える。

3.25%ルールで褒める
子どもが指示した行動に取り掛かったら、タイミングを逃さずに肯定的な注目を与える。

③最も大事な指示出しのポイントはCCQ
Calm(穏やかに)・Close(近づいて)・Quiet(静かに)が指示を出すときの最も大事なポイント。「嫌だ」「やりたくない」という子どもの反応に振り回されず、そこには注目せずに冷静に落ち着いて、一貫した態度で指示を出す。抑えた声のトーンを保って、静かに指示を繰り返す。

④指示を繰り返す
指示を出すとき、1回目は穏やかに出せるが、2回目・3回目になるとイライラしてつい大きな声になってしまう事がある。しかし、実際に子どもは1回で保護者の言うことには従わないもの。子どもが何か別の行動に夢中になっている時ほどCCQで何度か指示を繰り返す必要がある。子どもが従うまでずっとつきっきりでそばにいると、子どもはプレッシャーを感じるかもしれないので、一旦その場を離れて、少し時間をおいてから2回目・3回目の指示を繰り返すとよい。

何度繰り返しても従わないときは、今後のセッションで学ぶ「選択させる」方法や「~したら・・・できる取り決め」「BBC」などの別のスキルを使う。それでもダメなら「警告」を与える。

⑤予告
「予告」とは、今している活動をもうすぐやめて、他の行動に移らなければいけない事をあらかじめ知らせること。あらかじめわかりやすい回数や時間を示して、今の行動をやめる準備の時間を与える。

子どもの行動をやめさせる必要がある5分前、10分前、あるいは15分前に予告をする(時にはあと3回など回数を予告する)。

⑥セッション5の宿題
「指示のコツ」「CCQ」「指示を繰り返す」「予告」を使った指示の練習をし、それらを記録する。保護者が出した指示と、それに対する子どもの反応をやり取りの形で記録する。

参考

こうすればうまくいく発達障害のペアレント・トレーニング実践マニュアル

こうすればうまくいく発達障害のペアレント・トレーニング実践マニュアル

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: 単行本



人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。