So-net無料ブログ作成

「高速イメージ音読」で思考スピードを上げる [思考力を鍛える]

成果を出すためには、「思考スピード」を上げる事が重要だと考えています。同じ時間勉強しても、思考スピードによって処理できる課題量も変わります。「思考スピード」を上げる方法の一つとして、先生になったつもりで高速で説明する「高速授業」という提案をしていますが、生徒によってはちょっとハードルが高い様子。他に何か効果的な方法はないか探索していると「ハイスピードツイートリーディング」という方法論を見つけました。

ハイスピードツイートリーディングとは、苫米地英人氏の「ほんとうに頭がよくなる速読脳のつくり方」で紹介されている方法論のようです。「文字情報を五感でイメージしながら、高速で音読する」事で思考スピードの上昇につながるとの事。

ハイスピードツイートリーディングの効用は以下
①音読自体が前頭前野を活性化する
②限界を越える速度で何かをする事で、脳の限界速度が向上していく
③言葉を読み上げた瞬間、その意味が脳内でイメージできるようにする

言葉とイメージの繋がりを高速化する事で、思考スピードを上げる事を意図しているようです。

読解力をつけるためには、精読・熟読に可能性がありそうだとも感じているので、高速音読は矛盾しますが、言葉とイメージの繋がりを高速化するトレーニングとしては効果がありそうな気がします。まずは自身が実践して、変化を確認していきます。

参考
・数ある勉強法のなかで唯一、直接的に「脳のスペックを上げる」ことができるのが「音読」!(クリヤマベースボールアカデミー)
・ハイスピードツイート・リーディングで行うこと(苫米地理論の"いろはにほへと")

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)

ほんとうに頭がよくなる「速読脳」のつくり方 (PHP文庫)

  • 作者: 苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/09/02
  • メディア: 文庫



人気ブログランキング

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。